トップメッセージ

いま、世界は社会の大きな転換点を迎えています。行き過ぎた資本主義の限界が意識され、持続可能な社会という考え方の重要性が台頭してきていたところに、新型コロナウイルス感染症がもたらした社会的、経済的影響は、人々の意識の変化を大きく決定づけたといえます。経済的価値の追求が正義であったという考え方から、社会的価値の実現と経済的価値の追求を両立させてともに発展させていくという考え方への転換が大きなうねりとなって起きているのではないでしょうか。
そしてそれは、当社を取り巻くファッションアパレルをはじめとする業界においても同様です。過剰供給や環境負荷などといった事柄を人々が意識しはじめ、取り組むべき問題として顕在化しています。

商いとは、売り手よし、買い手よし、世間よしという三方よしの理念があってこそ、永続的な発展ができるものです。一方でそもそも経済活動はプラスもマイナスも両面相併せ持っているものであり、「唯一絶対の正解」などあり得ないものですが、その中にあって大切なのは、相矛盾する様々な事柄を高次元で統合していくことへのあくなき努力であり、社会的価値の実現を目指すということは、その営みを継続することにほかなりません。

この当然のことが見過ごされてきたその “ 当たり前 ” を脱ぎ捨てて、 “ 本当の当たり前 ” を実現することに挑戦する会社で在りたい。当社のスローガン「当たり前を脱ぐ。挑戦を着る。」には、このような思いが込められています。
表層的な事象に囚われず深く掘り下げ、本質を見抜くこと。そしてその本質に可能な限り忠実に、しかし同時に複雑に相まみえる事柄に向き合う柔軟さを併せ持つこと。
それが、ひいては、この社会を持続可能なものとしていくことにつながると信じています。

人々の幸せとは何か、豊かであるとはどういうことか。テクノロジーが発展した今、このような根源的な問いが改めて問い直されているようにも思います。

“ 紡ぎ続ける革新力で、明日のスタイルを創りだす。”
“ 世界中を、それぞれの「らしさ」で彩る。”

私たちが大切にしたいのは、すべての人々の尊厳を尊重し、そしてその人々に向けて、創造すること、生み出していくことの尊さです。
創業以来150年超の時を重ねてきた当社は、これまでも、本質に忠実でありながら、大きな時代のうねりの中で様々な挑戦を重ねてまいりました。
私たちは、挑戦することを忘れません。

2021年2月1日
代表取締役社長
瀧 隆太

時代は回るといえども、人は決して還らず。
故に、時流は常に留まることを知らぬ。
その最たるもの、これを流行という。
絶対普遍の法則は、そもそも曖昧にして形を持たぬ。
故に時流に応じて異なる形態、色彩を纏う。
絶対普遍の法則は、そもそも曖昧にして形を持たぬ。
故に、追い求めるとも達することはない。
我らは、
移ろう流行の奥に隠された絶対普遍の法則を追い求むるを、
我らの第一の任務とする。
絶対普遍の法則の存在を確信するが故に、
新たな時代の流行を革新するを、
我らの究極の任務とする。

我らは流行をその生業とするからには、
絶対普遍の法則の時流に応じた形態、色彩を、
社会に顕現することによって、人々を安んじよ。
我々が流行を究めんとするは、
より多くの現実を識ることによってのみ、
絶対普遍の法則に近づくと信じるからである。
我々はその難行道を行く。
これこそ、我らの唯一の行動規範である。
過去に向かっては後悔せず反省せよ。
今に向かっては苦悩せず思考せよ。
未来に向かっては絶望せず切望せよ。
その全てに深くあれ。
我らは、その難行道を歩むが故に、逞しくも、優しい。

PageTop