トップ>ニュース>STYLEMニュース>瀧定大阪商貿上海 オフィス・ショールーム移転 初展示会にバイヤー多数来場

ニュース

瀧定大阪商貿上海 オフィス・ショールーム移転 初展示会にバイヤー多数来場

 スタイレムの瀧定大阪商貿上海は、上海のオフィス兼ショールームを拡大・移転した。9月13~17日まで同会場で行った生地展には中国アパレル企業が多数訪れ商談も活発だった。

 新オフィスは、地下鉄2号線・婁上関路駅に近いSOHO天山広場の地下1階。階段の踊り場含めてのオフィス・ショールーム面積は約1300平方メートル超。全体がカフェのイメージで、人が集まる空間を意識した=写真。

 生地展示・商談のショールームの受付は、生地の経糸・緯糸をコンセプトにしたデザイン、壁面には膨大なスワッチが棚に収めて、居心地の良い空間を作った。

 9月13日から5日間行った展示商談会には、大型展示会が延期されたこともあって、毎日途切れなくバイヤーが来場していた。

 同社の生地販売は好調で、ここ数年増収が続く。特に中国企業への販売は年々伸びるなか、21年は既存取引先の受注、新規社数ともに増えて今までで最高の伸びとなっている。内販比率は75~80%。(上海支局)

2021年(令和3年)9月29日 水曜日 繊研新聞 4面

一覧へ戻る
PageTop