トップ>ニュース>STYLEMニュース>繊維ニュース>瀧定大阪 アットアロマと業務提携

ニュース

瀧定大阪 アットアロマと業務提携

~“香り”で新商品、新販路~

瀧定大阪はこのほど、アロマ空間デザインや香りによるブランディング・CIを手掛けるアットアロマ(東京都世田谷区)と資本・業務提携を結んだ。

アットアロマは全国600カ所以上の施設でアロマ空間デザインサービスを手掛ける香りの専門企業で、近年は異業種とのコラボレーション企画に力を入れている。今回の業務提携では、アパレル業界、ホテル・旅館業界などに対してアロマオイルを使用した繊維商品の企画、開発、製造を進め、市場拡大を狙う。すでに、アロマ生地「アロマテリアル」の企画、開発が進展。衣類、シーツ、まくら、タオルなどに、天然ブレンド香料のアロマカプセルを織り込んだもので、現在商標登録出願中。2012年初春の市場投入を予定する。

なお、今回の資本・業務提携に伴いアットアロマは、瀧定大阪を引受け先として、昨年12月に第三者割当増資を行っている。

~新基幹システム導入で取引業務の効率化図る~

瀧定大阪は2月から、仕入れ先、販売先との受発注システムを新たなものへ刷新する。将来的にはデータ交換などの技術を活用し、取引全般のペーパーレス化、作業効率化を図り、より一層のサービス向上を目指す。

新基幹システムへの移行は中期経営変革プログラム「チャンス トゥ チェンジ(C2C)」の一環として実施するもので、効率化によってサービスの幅を広げていくことが目的。仕入れ先との、発注→仕入れ→支払いという業務、販売先との、受注→納品→回収という業務を対象とする。

1月27から2月5までにデータの移行作業を行うために、その間の商品出荷に関しては出来るだけ避けてもらうよう取引先に案内中。なお、27~30日の間は出荷作業を完全に停止する。

一覧へ戻る
PageTop