トップ>ニュース>STYLEMニュース>瀧定大阪 「今治謹製」600万個突破 ライセンスも充実

ニュース

瀧定大阪 「今治謹製」600万個突破 ライセンスも充実

スタイレムのガーメント事業部LS Grp.ギフトコミュニケーション課が展開するギフト用タオル「今治謹製」ブランドの累計販売数が、5月に600万個を突破した。

今治謹製は今治製タオルの詰め合わせで、高級感のある木箱入りが特徴。2004年の発売開始からこれまで5シリーズを販売してきた。第1弾の「紋織タオル」、08年発売の第2弾「極上タオル」、11年に発売した第3弾のブライダル向け「至福タオル」、第4弾の石川県和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」との協業タオルをはじめ、14年9

月には第5弾の「白織(しらおり)タオル」を投入した。今治謹製シリーズは14年の2大出産情報紙の内祝いタオル部門で1位になるなど、出産の内祝いとしても人気が高い。

さらに第6弾としてオーガニックコットンを使用した「オーガニック」を打ち出す。出産・ベビー用を意識して木箱と紙箱を組み合わせたパッケージデザインで、タオルはオフホワイトと生なり色をそろえる。

今治謹製シリーズは堅調に推移するが、ギフト用タオル市場では今治製タオルが席巻して同質化する傾向にある。同課の小倉隆司課長は「今治謹製を大切にしながら、クリエーティブな部分に再度力を入れる」とし、色柄やストーリー性を重視した企画に力を入れる。また新ライセンスブランドとして米国「ジョンマスターオーガニック」や、「アーバンリサーチ」を展開する。

2015年(平成27年)5月26日 火曜日 繊維ニュース4面

一覧へ戻る
PageTop