ニュース

中国現法11月に設立

~瀧定大阪 初の海外拠点~

(一部既報)瀧定大阪は、初の海外拠点となる現地法人「日本瀧定大阪商貿(上海)有限公司」を11月1日付で設立する。これに先立ち、準備事務所となる「日本瀧定大阪株式会社上海代表処」を開設、7月から実質的に営業を開始する。初年度の取扱高は6億円、3年内に10億円、5年内に40億円強を目標に置いている。

新現法の所在地は、中国上海市長寧区興義路8号910室。瀧定大阪100%出資で、形態は外商独資商業企業。資本金は100万米ドル。総経理は北村義純氏。要員体制は日本人、中国人各4人。

日本における役割を中国市場でも提供するもので、中国国内でのテキスタイル、アパレル商材の生産・品質管理業務および販売・受け渡し、またはこれに伴う決済業務-などが中心。

また、販売活動に関しては、当面本社の営業担当者が兼任し、中国産、日本産を問わず、同社のすべての商品ラインアップを取り扱う。

一覧へ戻る
PageTop