トップ>ニュース>STYLEMニュース>スタイレム瀧定大阪 特定堆肥中分解性ポリエステルの販売スタート

ニュース

スタイレム瀧定大阪 特定堆肥中分解性ポリエステルの販売スタート

 スタイレム瀧定大阪(大阪市浪速区)は、生地商社のV&A JAPAN(同西区)との提携により、特定堆肥中分解性ポリエステル繊維「エコアーチ リーテ」の開発、販売を開始する。

 同商品は、特定堆肥場所において約1年で水と二酸化炭素に分解される。焼却処分に比べて廃棄時のCO2排出量を約40%削減することができるため地球環境に優しい。

 同社によると現在流通している生分解性繊維は生産工程面の制約や、堅ろう度など物性的な問題を抱えるが、同商品は従来のポリエステルとほぼ同様の工程で生産できる。

 V&A JAPANが以前から特定堆肥中分解性ポリエステルの素材開発と販売を行ってきた。今回の提携で、綿混、ウール混、レーヨン混などに糸のバリエーションを広げ、これらの糸を使用した生地の開発、販売を進めていく。

2021年(令和3年)7月14日 水曜日 繊維ニュース 6面

一覧へ戻る
PageTop