トップ>ニュース>STYLEMニュース>スタイレム瀧定大阪 オランダ企業と連携しカポック打ち出す

ニュース

スタイレム瀧定大阪 オランダ企業と連携しカポック打ち出す

 スタイレム瀧定大阪は、オランダのカポック素材サプライヤーのフロッカス社と業務提携し、自然環境に優しいカポック素材の開発、販売を始める。

 東南アジアで栽培されるカポックは、木の実から採れる繊維を活用する。繊維は中空構造をしており、綿の8分の1と軽く、保温性、防虫性、撥水(はっすい)性もある。栽培過程で大量の水や化学肥料を使わないため、自然環境に優しい素材としても知られる。カポックの中空構造を生かし、ダウン代替として中わたや寝具などライフスタイル関連での販売を予定している。

2021年(令和3年)6月30日 水曜日 繊研新聞 4面

一覧へ戻る
PageTop