トップ>ニュース>STYLEMニュース>繊研新聞>「総合力」できめ細かいサービスの提供

ニュース

「総合力」できめ細かいサービスの提供

「(課別独立採算制の中で)各課に横ぐしを通して、いかに総合力をつけるか」と語るのは瀧定大阪の瀧直人経営戦略課長。今年2月に新設した経営戦略室の目的は、社内コミュニケーションを円滑にすること。情報の整理を行い、商品の同質化など社内競合による弊害の解消を狙う。課ごとの権限を強化してきたことで、「顧客ニーズに対する商品の多様化には注力してきたが、サービスの多様化には無頓着だった」と振り返る。どの課の商品も扱う総合販売員を、およそ50年ぶりに復活させるなど、課を超えた連携による「総合力」で、きめ細かいサービスを提供する。

一覧へ戻る
PageTop