トップ>ニュース>STYLEMニュース>機能素材など500マーク揃える スタイレム19年春夏 女性の多面的なシーンに対応

ニュース

機能素材など500マーク揃える スタイレム19年春夏 女性の多面的なシーンに対応

 スタイレムは19年春夏向けで、現代女性の多面的な生活シーンに対応するテキスタイルを充実する。機能素材をモダンに取り入れた「シティーテック」、上質感を追求した「フィールナチュラル」、女性らしいフォルムを生かす「モダンセンシャリティー」、自由でロマンチックな「フリースピリット」の四つのコンセプトで約500マークを揃える。コートとのセットアップなどの通勤スタイルをイメージしたシティーテックは、機能とファッションを重点に据える。ハリ感のある合繊タッチの綿やデニム風ポリエステルなどで仕立て映えを意識するとともに、先染めの化合繊や布帛風のジャージーで高級感やスポーツテイストも取り入れる。

 特に、機能面では自社基準「プラスファンクション」を設けた。ストレッチやウォッシャブル、耐久撥水などのイージーケア性、抗菌防臭や花粉防止などの清潔さ、UV(紫外線)カットや静電などの安心・安全性、接触冷感や透湿などの爽やかさで評価し、基準を満たした素材のスワッチにアイコン表示する。秋冬物では温かさの基準が加わる。麻調をはじめとする天然素材風の合繊を主体にしたフィールナチュラルは、繊細なスラブ調やランダムなシワ、パウダータッチなどイレギュラーな質感が進化。ドレープ性や軽さも広がり、カットジャカードやファンシーツイード、グラフィカルな先染め、マルチカラーボーダーでの表現を増やす。

 身体への美意識に注目したモダンセンシャリティーは、ボディーコンシャススタイルを弾力性やふくらみのある中肉タイプの化合繊、コンパクトなストレッチなどで表現する。光沢のあるコーティング素材や透け感のバリエーションも広げる。

 ビンテージやリゾートをリミックスしたフリースピリットは、レーシー素材からプリント、ジャカード、ファンシーツイードまで幅を持たせる。なかでもプリントはジャカードや刺繍に乗せるなど装飾に工夫を凝らし、ぜいたくなリラックス感を日常に提案する。

2018年(平成30年)4月11日 水曜日 繊研新聞4面

一覧へ戻る
PageTop