トップ>ニュース>STYLEMニュース>スタイレム18年春夏テキスタイル 光沢感や装飾性を重視 上質なスタイル発信

ニュース

スタイレム18年春夏テキスタイル 光沢感や装飾性を重視 上質なスタイル発信

 18年春夏向け素材商談が本格化する中、スタイレムは先行商戦で手応えのあった光沢感や装飾性、質感や色柄を切り口にしたバリエーションを充実する。スタイリング別のレディスアイテムに焦点を当てながら、上質な着こなしに対応する発信を強める。

 行動的で上品なエレガンスをジャケットやコート、パンツなどで追求した「ディグニティ―」は、細版の綿やウールをはじめ高級感のある天然素材と化合繊の複合を軸に、柔らかなハリ感やなめらかさ、微光沢感のある生地を揃える。ファンシーヤーンやラメ糸を使った軽いニットツイードもアクセントにする。

 適度なボリュームのあるシャツやドレスなどでリラックスしたスタイルを提案する「チルアウト」は、綿複合や麻複合、天然ライクの化合繊によるナチュラルな表面変化と風合い、ブルーやグリーンのクール系カラーを柱にする。しわ感やワンウォッシュタッチでくつろぎを表現し、天日干しのようなハリ感やビタミンカラーでアクティブな雰囲気も加える。

 個性的な女性を意識したドレスやスカートなどの「テンプテーション」は、ジャカードやレースなど装飾性をメインに、サテンの光沢によるビンテージ感、大胆な植物柄のオパール加工によるリゾート感も取り入れる。特に分繊系で表現した透ける光沢感は人気がある。

 ベーシックで都会的なシャツ中心のトータルなスタイル「モーデスト」は、縦方向の組織のジャージーや先染めを増やし、ストライプやチェックを充実。清涼感やウォッシャブル機能も取り入れ、心地良さと扱いやすさを重視する。

2017年(平成29年)6月28日 水曜日 繊研新聞4面

一覧へ戻る
PageTop